屋根に設置するイメージの強い太陽光発電は、屋根の向きが悪かったり、状態や素材が原因で太陽光発電が設置できない場合もあります。
万が一、屋根に設置できなかった場合でも、庭が広くて日当たりが良ければ太陽光発電を設置することができます。
太陽光発電を庭に設置することのメリットとして色々な点が挙げられます。
まずは、設置できる面積が増えて容量を大きくすることができる点です。
屋根だけだと10kw未満で住宅用太陽光発電としてしか全量買取が適用されないのが、庭にも設置することで10kw以上の産業用にすることもできるようになります。
産業用にすることで、規模が大きくなるためか発電量が増え、固定買取価格の適用期間が10年から20年になり、全量買取の適用となり、向きや角度を自由に調節できるといった産業用に変わるだけで、非常に大きなメリットを得ることができます。
更に太陽光発電 庭 設置を詳しく読んでみましょう!!
他のメリットして、地上なので屋根より設置が楽な点です。
取り付け工事も屋根に上ってするよりはるかに早くて楽に出来ます。
雨漏りや屋根の老朽化で設置が難しい場合でも庭におけばその心配もいりません。
庭はトラブルが少ないので設置しやすいと言えます。
メンテナンスの面から言ってとても楽で、定期点検や清掃などでわざわざ屋根に上る必要がなく、方向や角度も自由に設置できたり、発電量が悪いと思えばその都度チェンジすることも可能です。
よって、庭に設置することは屋根に設置した場合にはない大きなメリットがあることが分かります。

関連記事


    今、個人や企業で注目を集めている太陽光発電ですが、太陽光発電にはまだまだわからない部分が多いというのも事実です。 そんな太陽光発電の疑問をQ&A方式で説明していきます。 Q.太陽光発電を導入…


    現在太陽光パネルメーカーは政府助成もあり多くのメーカーが様々な商品を出している。 実際に国内メーカーの京セラ、パナソニック、シャープ等助成が始まる前から商品を供給しているメーカーが多かった。 特約店…