現在太陽光パネルメーカーは政府助成もあり多くのメーカーが様々な商品を出している。
実際に国内メーカーの京セラ、パナソニック、シャープ等助成が始まる前から商品を供給しているメーカーが多かった。
特約店を限った上で、工事業者と一体となった動きのもと太陽光発電の導入を進めていた。
逆に国外メーカーは政府助成があってから各代理店、工事店などが場合によっては自社で直接海外メーカーから購入しているケースも多く見受けられた。
商品の性能としては海外メーカーも発電性能などは高いし価格も安いのだが、やはり保証の観点から考えて不安が残る。
国内メーカーは長期にわたり特約代理店と協業しているため、実績や経験も豊富である。
逆に国外メーカーを取り入れている代理店は輸入代理店という形となるためメーカーよりのバックアップが受けづらいと考える。
海外メーカーを扱う代理店は規模も小さく、メーカー自体も日本からの撤退や経営方針の変更から長期に渡るサポートは薄いだろう。
実際に太陽光発電を購入するのは消費者であり、国内メーカー、国外メーカーどちらを選定しても構わないが購入する前に、代理店の選定の前に(代理店はどこかのメーカーと協業しているので)自分に合ったメーカーを確認してはいかがだろうか。

太陽光発電について、私はここを参考にしました⇒太陽光発電 メーカー

関連記事


    今、個人や企業で注目を集めている太陽光発電ですが、太陽光発電にはまだまだわからない部分が多いというのも事実です。 そんな太陽光発電の疑問をQ&A方式で説明していきます。 Q.太陽光発電を導入…


    屋根に設置するイメージの強い太陽光発電は、屋根の向きが悪かったり、状態や素材が原因で太陽光発電が設置できない場合もあります。 万が一、屋根に設置できなかった場合でも、庭が広くて日当たりが良ければ太陽光…