一般的には長くかかると聞くけれど何ヶ月くらい?

インプラントは外科的な手術をします。
そのため、パパっと短時間で終了することは、正直ありません。
では、実際にどのくらい通えば終了するのでしょうか。

結論は4~10ヶ月前後です。

4ヶ月程で終わる人もいれば、1年近くかかる人も。
これは、その患者さんによって埋め込んだインプラントが“定着”する時間や
炎症の有無に個人差があるからです。

例えば実際の治療に入った場合、第一段階で行うインプラントの埋め込みは
顎の骨がしっかりしているかが重要になってきます。

もしこの部分が弱ければ、造骨手術等を行って骨を補うわけですが、
もともと骨がしっかりしていれば、これには及びません。

事前に精密検査を行う際、CTやレントゲンでしっかりと調べていくので
技術はもちろん、設備環境が整った歯科医院と歯科医に出会えることが重要です。

通いたいと思う歯科医院ではどのような設備があるのか
ホームページ等で調べていければより安心ですね。

治療の流れはこのように進みます

精密検査・診察

治療方針決定

造骨手術(必要な場合)

インプラント(人工歯根)の埋め込み

自身の骨部分との定着を待つ ※2~5ヶ月ほど

状態に合わせ連結部を着けたらクラウン(人工歯)を被せて完了

定期的なメンテナンスと日々のセルフケア

上記は一般的な流れを示したものです。
実際の治療に入る前に、治療期間や費用など不安や疑問点がある場合は
主治医にしっかり相談しましょう。

関連記事


    毎日の歯磨き、正しくしっかりとできていますか 子供のころから、歯磨きの大切さは教えられてきた。 学校でも歯磨き講習会などでしっかりとブラッシングを教わり実践してきた。 朝・昼・晩と、食後の歯磨きを習慣…


    【安心・安全・清潔な歯科医療具】 歯科には「ラバーダム防湿」と呼ばれる医療具があります。 これは根管治療をする際に、唾液などの分泌物によって繁殖した細菌が、 歯の根管部分に入りこむのを防ぐためのゴム製…