正月も地域ごとに違う

お正月に欠かせないおせち料理は、育った地域の特色が出て面白いものです。
お雑煮にも地域の特徴がありますが、おせち料理の素材も、各地域で取れたり育ちやすい作物が主流となります。
私が子どもの頃に育った地域は秋田県ですが、秋田県では鶏肉や馬肉を食べる地域もあり、取れる魚介類としてはハタハタが有名です。
ハタハタを使った飯鮨がお正月やお祝いの際には食卓に上りました。
いまでも作る家庭もあるかと思いますが、私はあまり好きではなかったのと、その後秋田県を離れ、以前よりハタハタがなじみでなくなったのもあり、だんだん正月料理にハタハタが上ることはなくなっていきました。

日本海の蟹は絶品

住む地域によると言えば、新潟に住んでいた頃は、カニをよく食べました。
住んでいたのは一年だけだったので、お正月料理を知るほどなじんでいた地域ではありませんが、カニもおそらく特別な日に食べるものだったのではないでしょうか。

北陸の方がカニを食べる習慣があるようで、金沢を舞台にしたお話を読んだ時にわかったのですが、ハレの場にはカニが欠かせない印象です。

カニは姿が、ゆでると紅白に彩られ、華やかさもあり、大きい物だとダイナミックさも感じられ、一杯あるだけでご馳走感が大いに増します。
それだけでなく、ゆでただけなのに甘味やうまみが詰まっていて、食べると自然に笑みがこぼれるようなおいしさがあふれてきます。
さらに甲羅の中にはカニみそや、季節のものなら卵も入っており、そちらもまた格別なおいしさです。
お正月などのハレの席にはぜひ食卓に並べたい食材ですね。

かに本舗 楽天

関連記事