有料老人ホームは通常、民間企業が運営している老人ホームで、その種類を大きく分けると、住宅型、介護付、健康型の3つのタイプがあります。

それぞれの違いは、一言でいえばサービスの違いです。

言い方を換えると、どのタイプに入居するかで介護サービスを受けられるか否かが決まってしまいます。

このことは有料老人ホームの選択時の最重要ポイントなので、十分に理解しておくことが大切です。

参考サイト: 老人ホーム 種類

住宅型は、食事などのサービスを受けることができる有料老人ホームです。

原則的には、介護が必要になった場合でも、個人のケアプランに従って、外部の介護サービスを受けながら生活を続けることができます。

介護付は、介護保険で定められた基準を満たして特定施設入所者生活介護の指定を受けた有料老人ホームです。

介護や食事などのサービスを受けることができ、介護が必要になった場合も生活の継続は可能ですが、ホームによって、「自室での介護可能」や「相部屋に移動する」など条件が異なるため、事前に確認しておきましょう。

健康型は、食事のサービスなどを受けることはできますが、介護サービスは提供されない有料老人ホームです。

そのため、要介護状態になった場合には、退去しなければならなかったり、提携の介護付ホームに移る必要が生じたりすることがあるので、やはり事前の確認が必須です。

関連記事

    None Found